数十年ぶりの府中行脚?

ダヴァーイの定期演奏会を聴きに、
先日、東京の府中まで出かけた。


「府中か、遠いよなー、どうすんべかなー」

と迷っている中、学生時代に府中に在住して
いた旧友から

「行かない?」

とのお誘いを受けて

「行く♪(ぱん君か♪)」


当日は常磐線の地獄のような運行ダイヤ大
混乱の中、やっと、の思い(約1時間遅れ)
で府中の会場に到着。(府中の森芸術劇場)

最近、、
信号機故障とか多過ぎじゃないですか?。。
まったく。。


#置いといて。。

今回の演目はハチャトゥリアンのバイオリン
協奏曲とプロコフィエフの交響曲第6番。
両方とも知らない曲だったので、予習のため
YouTubeで良さげな音源を集中的に聴く事、
数回。

バイオリン協奏曲は少し独特な癖があるもの
のすぐに馴染む事ができた。特に第3楽章の
華麗にスキップするようなヴァイオリン・
ソロの旋律が印象的。

が、プロコの方はなかなか苦戦を強いられた。

掴み所がなく所々、プロコらしい馴染みの
節回しが顔を出したと思ったら、すぐにその
曲調が空中に霧散する。。

と表現すれば良いのだろうか。。

プロコフィエフのこだわり?
反逆精神?
それとも単なる変人?


そんな予習状況の中、当日生演奏を聴いた。

以前にも取り上げたが、相変わらず上手い
素人オケ集団である。
プロコの終楽章の爆発的な追い込みなどでも
さらっとやってのける辺り、
ただ者じゃ~ない。。

太鼓の皮が破れてしまわないか少しだけ心配
だった。
なんとか組曲の初演時のように。。
(たこさん証言より)

ヴァイオリンソロの音色も出だしの数小節が
聞こえ辛かったが、
とても繊細な音色がホール内に響いていた。

どこから見ても風貌が「や▲さん」にしか
見えない方が繊細で美しい音色を聴かせて
くれていた所に何とも言えないギャップを
感じてしまいました。。

終演後の拍手に応えるため、何度かステージ
に登場する時も歩きが思い切り、

「がに股!」だし。。

まぁいいか。。大きなおせわ。。


とても個性が強い方と言った方が良い?


遠い道のりを経て聴きに行った甲斐があった
と本心から思える演奏会だった。

帰りに昼飯抜きで腹ペコの私を気遣ってくれ
た旧友の何気ない心遣いも、
とても嬉しく感じる府中行脚でありました。


と、いう事で、


早速、ロストロのプロコ交響曲全集を購入
した。
本格的に聴いてみるか。。
フランス国立管の演奏という所も何とも
興味を掻き立てられる。

はてさて。。



このブログの人気の投稿

不要不急の外出

1周忌を終えて

年をとることのデメリット