V字回復


毎週日曜日の夜8時は『せごどん』の時間!
。。と言い切りたい所だが、
ほんのはずみで他局の番組を見てしまう事
があった。

ついうっかり?、、

というか正直に言うと、まだそこまで引き
込まれる程には面白くなかったから。。
良い役者が揃っているとは思う。
今は吉之助を名乗っている若かりし頃だか
らかも知れないが、あの有名な肖像画から
推し量れる人物像からは印象がどこか程遠
いのだ。


何かと言うと感極まってすぐ泣く、

『きばいすぎのなっべそせごどん』
 (頑張り過ぎの泣きべそ西郷どん)

地元の鹿児島では盛り上がりっているよう
だが大河ドラマの最低視聴率を更新したと
いう不名誉なニュースも先日見た。

ところが前回放送の『愛加奈』は見ていて
身動ぎする事を忘れるほど、じっと見入っ
てしまった。
ふとした表情がどこか魅力的な女優さんと
思っていたのだが。。お名前を改めて見て
ビックリ。。二階堂ふみさん。。

少し前まで『グルナイ』で天然ぶりを発揮
していただけ、、失礼!。。の、

あの方がこんな演技で人を魅了する力を
持っている方とは思わなんだ。。
放送後のネットでもこの回の放送は直ぐに
話題として取り上げられ視聴率がV字回復!
という記事が載っていた。
鹿児島地方からの嬉しい絶叫が聞こえてき
たような気がした。

良い大河ドラマって主人公の魅了も大切だ
が伴侶となる女性の方の魅力も欠かせない。
『龍馬伝』に出てきた"おりょう"も素晴ら
しかったと思う。


龍馬が危機的な場面に追い込まれる度に
見せていた何かに憑りつかれたような鬼気
迫る演技には感銘を受けたものだ。

これから本土に戻る事になる西郷さんとの
別れが待っている。吉之助から隆盛の名を
名乗るようになる。そして。。

目が離せない物語が展開する時期にようやく
到達したような気がする。

南洲神社の高台から市内を望む


このブログの人気の投稿

不要不急の外出

1周忌を終えて

年をとることのデメリット