クラシック音楽が好きになるまで


「クラシック音楽を聴きたいんですが
 何から聴けばいいですか?」

こういう書き込みをネット上で見かける。
ネットなど無い時代に、
私自身、何をきっかけにしてここまで
好きになったのか。。

昔の事から順に思い出してみた。

①ピアノの練習


元小学校音楽教諭の母親に小さな頃から
ピアノを仕込まれた。

イヤでイヤで仕方なかった。。。

小学2年生あたりで『ツェルニー』の何番か
を練習している時に母親が入院。

才能無しなんだな。。!と早々に練習を
自己打ち切り。。

残念な事をした、と今では思う。
白鍵と黒鍵の並びと音程だけは今でも
ソラで覚えている。

②鼓笛隊、器楽部

小学生時代の音楽授業でのレコード鑑賞の
時間が何よりも楽しみだった。

小学生の頃には太陽国体に向けて鼓笛隊、
それと器楽部にも入っていた。


『アルルの女』を取り上げて練習していた
ような気がする。。

「オーケストラがやると、こんな曲
 なんだよねー。。」

と言いつつ先生がかけたレコードの演奏を
聴いて、、

「うんめー!!😍」

総員でざわざわ!!
目から鱗だった記憶が未だに鮮明に残って
いる。


③FM放送

中学生になってモノラルのラジカセを
両親に買ってもらった。
FM放送なるものが世の中にある事を初めて
知った。
#これこれ!このモデル…

色々な音楽がラジオから流れてきたが、
作曲者とか演奏者とか、あまり気にかけず
に聴いていた。

今思えばチャイコフスキー4番の冒頭部分を
初めて耳にしたのも、確かこの頃。

金管が奏でる出だしの旋律に思わず総毛立つ
思いをした憶えがある。

誰の演奏だったのだろう。。

④生演奏会

親父に連れられて鹿児島で一度だけ生の
オーケストラの演奏を聴きに行った。


確か鹿児島の地方交響楽団(管弦楽団?)
の定期演奏会。
その時に聴いた"新世界"の感動的な演奏の
光景は未だに忘れない。

⑤ステレオコンポ

高校生になってSONYのステレオコンポを
買って貰った。


レコードを買わなきゃ!、、、

自宅にレコードは一枚も無し。
独りで天文館のレコード店に入る意気地も
なく、実家の近所の小さなレコード店に
行った。でも何を基準にレコードを選べば
いいのか?さっぱりわからず。。

初めて買ったレコードはベートーヴェン
作曲の第3番"英雄"(クルト・マズア指揮
ゲヴァントハウス管弦楽団)


#ジャケットデザインはまさにこれ・・

当時最先端の4CHステレオ用のレコードと
いう帯の宣伝文言につられて購入した。

最初聴いた時には「なにこれ?」だった。

この1枚のレコードを文字通り擦り切れる
程、繰り返し聴いた。数十回聴いた頃、
突然目の前が開けたような気がした。
「なんて素晴らしい曲だったんだ!!」

⑥友との出逢い

それから暫くした高校一年生の確か秋、、
2人のクラシック好きの級友から声をかけ
られて、その2人が持つ知識豊富な話を聞く
に連れて一気に自分の目の前も広がったよ
うな気がした。

カラヤン、ベーム、アバド、ブーレーズ、
マゼール、バーンスタインなどきら星の
如く、燦然と輝く指揮者達がクラシック界
で当時現役で活躍している事、
レコード芸術、音楽の友なる冊子を教えて
もらって夢中になって読んだ。


#店頭での立ち読みの常習犯…

作曲者の知識、演奏者の知識を得ていき、
クラシック音楽の奥の深さと広さ、曲に
対する演奏者のこだわりを知るに連れて
どんどん、音楽の魅力に惹きつけられて
いった。

級友と出会う事がなかったら今とは全く
異なる音楽観を持っていた事だろう。

⑦それから

ショスタコーヴィッチの音楽が好きだ。
限定された交響曲だけでなく、歌劇、協奏
曲と聴く曲の範囲も広がった。

その他、
ワーグナーも好き、
ブルックナーも好き、
ベートーヴェンも好き、
シベリウスも好き、
マーラーも好き、
モーツァルトも好き、
新ウィーン楽派の音楽も好き。

多分まだ知らない音楽は世の中に数多残さ
れている。


クラシック音楽というだけで敬遠する人が
いるが決して大袈裟でも堅苦しい音楽でも
ない。

クラシック音楽の素晴らしさを知らない
人生だなんて。。



このブログの人気の投稿

不要不急の外出

1周忌を終えて

年をとることのデメリット