さようなら バリトン先生

毎週末に通っていた整骨院のバリトン先生が
最寄りの医院から移動する事になった。



ひとつの町の医院かと思いきやオーナーさん
がグループを組んで多方面の施設を経営して
いるらしく、

「今回、そのグループ内の移動になったんで
  すよね」

毎週、整骨院に通っていたのは腰周りの筋肉
を和らげる事も目的だったが、バリトン先生
のこぎみよい口調での相談、世間話をしにい
くのも楽しみになっていた。

全く、、毎回そうだ。。。
その人に親しみを抱き人として好きになって
きたと思ったら突然のお別れの時がやって
くる。

人生は出会いと別れの繰り返し、なのだろう
が、何度繰り返しても別れは寂しいものだ。

「後任の先生に内村さん情報はきっちりイン
 プットしておきましたから大丈夫ですよ」

曰わく自分より少し若い先生という事で新任
の先生を紹介されたが、
まだ場慣れしていないせいなのか?

「よろしくお願いします!!」

カッチカチ!!、に緊張して10歳近く若い先生
のようにも見えた。。

新たな先生ともこれから良い関係を築いて
長く付き合っていければいいな、と思う。

そしてバリトン先生には

「これまでどうもありがとう!!」

と感謝したい。




整骨・接骨ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

このブログの人気の投稿

不要不急の外出

1周忌を終えて

年をとることのデメリット