週末の運動

週末は何かしらの運動をする事を心掛け
ている。身体の健康目的というよりも
メンタル面において1週間分神経に溜まっ
た負のストレスを少しでも減らすために。

有酸素運動になるのだろうか。。?
最近は専らスポーツジムのプールに通っ
ている。あまり力を入れるような泳ぎ方
はしない。
浮力で体を「ポニョ~」と浮かせて、手
足をゆっくり、、と動かす。

#バチャバチャしないでも人間の体は水
  に浮くのだよ。隣りのお兄さん!

ジムで泳ぎ始めたのは、ほぼ20年前。
最初の頃はプールの水に浸かっているだ
けで息苦しくなってきたものだ。
その頃の自分からすると、一応進歩は
しているのかな?

最近は特に腰のあたりに負担がかからな
い様に気を付けて泳ぐ。
ゆったりと泳ぐようにしているが、その代
わりに「ぷち中距離?」を泳ぎ続ける。
平泳ぎで750m、クロールで300m、背泳ぎ
で300mを一回あたりのトレーニングでの
運動量の目安にしている。
時間にすると約1時間弱。
若干、気持ち少な目~、にしておかない
と折角回復してきた身体が元に戻ってし
まっては元も子もない。

でも25m毎のターンを繰り返していると
その内、頭の中が空っぽになる。
この頭が空っぽになる時間が何とも言え
ない快感になる。
少し前までは10キロのジョギングが主な
運動だった。ある程度のキツメの負荷を
かけて身体をいじめていると、その内、
脳内快楽物質が分泌され、気持ち良さを
感じるようになる。身体をいじめるよう
な無理は今はできないが泳ぎの時間が終
わり、軽く人工温泉の湯を浴びた後は
それなりの爽快感を感じる。

その後、家に戻る前にジムの休憩コーナー
に上り、アイスを食べるのも週末毎の楽
しみ。
これが夕飯前の一口目のビール同様、

まいうー!♪

なのだ。

ささやかなる??週末毎の楽しみ。




日々の出来事ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

このブログの人気の投稿

不要不急の外出

1周忌を終えて

年をとることのデメリット