au機種変の頭金?

2015年から今現在まで使ってきたshv31 mini。
途中、バッテリーの持ちの悪さでリフレッシユ
端末に換えてこれまで使ってきたが、
そろそろ挙動をおかしく感じる場面が増えて
きた。

頻繁ではないが、突然の画面ブラックアウト、
etc。。

『この連休で、
 そろそろ機種変更しておくか、、』

シャープにこだわる気はないのだが、
なぜか候補として上がるのが、
いつもシャープ。

shv43

auオンラインショップで見ると、
本体価格32,400円。

7万とか8万とか平気でする最近のスマホの
事情を考えると、とても安価な方だ。
(でも決して安くなどない!)

それでも今の自分の使い方を考えると、
必要充分である。

オンラインショップだと
・郵送されてくるのがいつになるか不明。
・24回、48回払いの分割払いでしか購入でき
 ない。(??)


という事で、
とりあえず、自宅近くの"おおたかの森"の
auショップに行ってみた。

ん?本体価格37,800円?。。

店員さんに聞いてみた。

『他社からauに乗り換えてもらった方には
 32,400円で機種変更させて頂いています。
 これまでauを使ってきたお客様は、この
 御値段になります。』。。

意味がわからん。。

翌日、柏駅をぶらついていたら、最近
開店したショップがあるという広告が目に
ついたので、立ち寄ってみた。

そこのお店はオンラインショップと同じ本体
価格で見積もってくれた。
店員さんと話をしていて『頭金』なるもの
の存在を初めて知った。

ショップにとって機種変更は実入りが少ない
商売なので、少しでも利益を出すために、
各店で自由に『頭金』なる名目で別料金を
設けて売りに出しても良いのだそうだ。

なるほど。。

苦しい懐事情はわからない訳でもないのだが、
そんな商売していると逆効果、
事情がばれたら客が遠退くとは考えていない
のだろうか。

所でこのshv43という機種だが本当に最低限の
機能しかついていない。
今時、ワンセグすらついていない。


まだ決着がついていないようだが、


ワンセグ機能がついているだけで携帯に
NHK受信料を課す、課さないの件もある。
来年2020年までには決着つけるらしいが、
どうなるのだろう?

有事の際は別として、
普段外でTVなど見る必要はない。
だから、これでいーのだ、と私は思う。

ちょっと目を離している内に色々なシステム
ができている世の中。
何かと、せせこましい。

このブログの人気の投稿

不要不急の外出

1周忌を終えて

年をとることのデメリット