あの方も…

この本を読んで、もう1か所だけ
強烈に印象に残るところがあった
ので残しておきたいと思った。


ショスタコの遺作
ヴィオラ・ソナタ作品147

ドルジーニン初演時の本人の
回想録である。
(初演:1975年10月1日)

ショスタコ永眠
1975年8月9日18時30分

さすがのあの方も。。
そうか。。。
そうだよな。。。

Dmitri Shostakovich. Sonata for viola and piano Op. 147

----------------------
ソナタはほとんど催眠術のような強い
作用を聴衆におよぼした。
ホールで唯一の空席であるドミトリ・
ドミトリエヴィチの席には花束が置かれ
そこから遠くない場所に
エヴゲーニイ・アレクサンドロヴィチ・
ムラヴィンスキイが、私の妻と並んで
座っていた。
彼女によれば、ムラヴィンスキイは、
まるで子どものように止めどなく涙を
流していたが、
ソナタが終わりに近づくにつれて
文字どおり、慟哭に身を震わせていた。
ソナタの成否について語るのは、
まったく不適切である。
舞台の上と聴衆の心の中で生じた
ことは音楽の範疇を超えていた。
われわれが演奏を終えたとき、
私はソナタの楽譜を頭上に高く
掲げた。
聴衆の喝采を残らずその作曲者に
注ぐために。
----------------------




全般ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

このブログの人気の投稿

不要不急の外出

1周忌を終えて

年をとることのデメリット