マイナー志向?が止まらない

少し前まで毎週のようにCDアルバムを2、
3枚ペースで購入してきていたが、
最近めっきりペースが落ちてきた。
落ち着いてきたと言うべきか?

新しい音楽との出会いを求めて行き当たり
ばったりでなく欲しいものを先ずは決めて
最近買うようにしている。

とはいえ、思いもしなかった掘り出し物を
見つけたりする事もあるので週末に時間が
あればディスクユニオンに通ってはいる。
手ぶらで帰る日が増えてきたが…。

志向がマイナーな方向に向っている。現在
欲しいなー、でもどこにもないなー、と思
いつつ、探し中のアルバムを挙げてみた。

●ヴォツェック(ベルグ作曲)

ベーム指揮。
この曲はやはりベームでしょ。などと勝手
に思っている。現在、ケーゲル盤を持って
おり、その演奏に対する讃辞?のコメント
も見るが、初めてこの曲を耳にして背中に
冷水をぶっかけられたような思いをした
ベームの音色が近くに欲しいと思う。。

ベルク 《ヴォツェック》 全曲 ベーム指揮

●ロスチャイルドのバイオリン
(フレーイシュマン作曲)

わずか28歳で戦死したショスタコの愛弟子
が作曲したオペラ。
未完成のままの曲をショスタコが補筆を加
えて1944年に完成させている。

ペトレンコ指揮のアルバムがついこの前に
ネット上で発売されていたが、8000円程の
お値段に躊躇していたら、あっという間に
どこにも姿を見かけなくなった。。

どこから聴いてもショスタコの音楽に聞こ
えるらしい。テノール歌手が延々と歌う、、

ショスタコ13番のような曲かも知れない?


●ポリス・ゴドゥノフ
(ムソルグスキー作曲)
この曲はマイナーな部類に入るのか?
私自身が知らなかっただけ?

カラヤン指揮VPOのアルバムもあるようだ
が、今現在はどこにも見当たらない。。

ロシア作曲家が作った最も偉大なオペラ曲、
という評判の曲は果たして如何なるものな
のか。。。
少し、心惹かれるものを感じる。

自分の志向に合うのかな。。

●鼻(ショスタコ作曲)

鼻がある日、突然なくなる、、なんて喜劇
以外の何物でもないと思っていた。
ところが作曲した当の本人は至って真面目
に、このテーマに取り組んだ曲だと知った。
(証言より)

唯一苦手としている交響曲第2番を作曲した
当時に作られたオペラ。
その実験結果についていけるのか?。。

と思ったのが、案外面白いのかも知れない。
って面白がってて、いいんですか。。?

ショスタコーヴィチ《鼻》











全般ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
にほんブログ村

このブログの人気の投稿

不要不急の外出

1周忌を終えて

年をとることのデメリット